日本で人気の CBD 2大ブランドがあの電子タバコブランドとコラボ?!スリムでコンパクトな使い捨てCBDペンが発売!!

日本で人気の CBD 2大ブランドがあの電子タバコブランドとコラボ?!スリムでコンパクトな使い捨てCBDペンが発売!!

皆様、あけましておめでとうございます

2019年もCBD製品を中心に様々な新商品をご紹介していきたいと思いますので、今年も宜しくお願い致します。

 

さて、2019年、一発目となる逸品ブログは、

 

今日本で一番の人気を誇り、世界的な麻に関するエキスポでCBD部門第一位にも輝いたPharmahemp(ファーマヘンプ)とCBDリキッド最強と呼び名の高いAZTEC(アステカ)が、

コンパクトで、スマートな電子タバコのパイオニア的なブランドEMILI JAPAN(エミリ ジャパン)とコラボレーションをして開発された 使い捨て CBDペン

 

その名も

 

EMILI CBD のご紹介です!

 

新年早々、これはすごい製品が発売されましたね。

その商品を手にこの記事を書かせてもらっていますが、超シンプルで使いやすく、味も美味い!

ぜひ、多くの方に使ってもらいたい逸品になっています。

では、早速、EMILI CBDの特徴を中心にご紹介していきたいと思います!

 

 

EMILI CBDの特徴

 

 

CBDトップブランドのリキッドを使用

 

今話題のCBDオイル、CBDリキッドって一体何?

 

まず、一番の特徴はなんといっても日本で大人気のCBDブランド2社のリキッドを使用しているという事

 

 

CBD リキッドのおすすめ!Pharmahempとその商品の魅力をレビュー

 

PharmahempはEUはスロベニアに本社を持ち1965年から産業ヘンプを使用した化粧品やオイルなどの効能に着目し、多数のアイテムを製造してきた歴史ある会社になります。高品質の原材料を生産し天然オーガニックにこだわり製品を作り続けてきました。

 

 

圧倒的なクオリティーとたくさんのユーザーから熱い信頼を持つCBDブランド、それがPharmahempです!

 

そのPharmahemp(ファーマヘンプ)社のリキッドを使用しているのが、

 

 

CLASSIC HEMP FLAVOR(クラシックヘンプフレイバー)

 

 

 

そして、もう一つのブランドが昨年、フルスペクトラムCBDリキッド業界最高濃度10% でCBD業界を震撼させた、イギリスはロンドンのブランドAZTEC(アステカ)。

 

2016年からCBD事業を始めたまだまだ新しいブランド。イギリスでは最初にフルスペクトラム製法を導入し、フランスにて化学物質、農薬、遺伝子組み換え作物が一度も使われてない完全なオーガニックな土壌で有機的に栽培された麻から※超臨界CO2抽出法を使ってCBD製品を作っている。高濃度フルスペクトラム10%CBDリキッドは、絶大な人気で現在品薄(1月10日現在)となっている。

 

 

 

LEMON HEMP FLAVOR(レモンフレイバー)テルペン配合

 

 

二種類とも純度99%のCBDクリスタルを使用し、完全なTHC 0%でCBD濃度は共に5%。

 

AZTEC(アステカ)の方には麻由来のテルペンが配合されているので、※アントラージュ効果も期待できます。

 

アントラージュ効果・・・麻に含まれるカンナビノイド、テルペンなどの植物成分を一緒に摂取することにより、それぞれの成分が相互作用して相乗効果を生むことを意味する。

 

 

CBD専用に開発されたシンプルなデバイス

 

 

デバイス自体はいたってシンプル。すでにリキッドがPODに充填されているので、そのポッドのラバーのカバーを外して、バッテリーにカチッとはめるだけです。

スマートでスリムなデザインなので、女性の方にも人気の出そうなデザインですね。

 

 

これで、完了。もう吸えます。

あとは、このポッドが使い切りになるので、煙が出なくなるまで使用して頂き、煙が出なくなったら、ポッドを取り出して、ゴミ箱へ。

 

使用を継続する場合は、ポッドのみの販売も行っているようなので、そちらを購入して頂き、またバッテリーにカチッとはめるだけです。

 

使い捨てなのは、ポッドのみです。誤ってバッテリーごと捨てないようにしましょう

 

 

・EMILI CBDスペック

 

サイズ H 106 × W16× D10mm
重量 約27グラム
リキッドのリチャージ 不可
コイル抵抗値 1.5Ω
充電ポート micro USB
バッテリー 280mAh
製品スペック 吸引回数 約170〜180回(吸引の長さや強弱で個人差がある)

 

・製品内容

 

・本体バッテリー × 1

・CBDリキッド入り専用ポッド × 1

・充電用USBケーブル × 1

 

・充電について

 

 

 

本体のLEDが点滅したら要充電の合図となり、充電は付属のmicroUSBケーブルを使って約45分で満充電になります

 

EMILI CBD 味の感想

 

 

まずは、クラシックヘンプフレイバーですが、名前の通り麻の味を再現した味のようで、素材の味をそのまま生かした青々しい味ですね。自分はかなり好きな味ですが、レビューや他のブログを見ると苦手な人もいるようなので、好き嫌いが分かれてしまうかなと思います。

ただ、様々なCBDブランドのリキッドの一番売れているフレーバーの多くはこのヘンプフレーバーになるので、まだヘンプフレーバーをお試し頂けてない方は、まずはこちらをぜひお試しいただくのはアリかと思います。なかなか癖になる味ですよ

 

 

続いて、レモンヘンプフレイバーですが、こちらはレモンの程よく甘く爽やかな柑橘系の味で、若干ヘンプの青々しい味を感じますが、万人受けするような吸いやすい味となっています。

青臭い味が苦手な方は、こちらをオススメします!

 

 

気になるCBDの効果は?

 

さて、気になるCBDの効果ですが、その前にCBDリキッドは普通の電子タバコ(VAPE)のリキッドとは吸い方が異なります。

 

吸い込んだら、肺にできるだけ溜めましょう。肺に巡らされている毛細血管がCBDを吸収していくので、溜めずにすぐ吐き出してしまうと、CBDの成分がうまく吸収されないまま消化されてしまいます。ベストは吐き出した時に煙が出ないぐらいです。それがキツイ場合は無理をしない程度で、できるだけ溜めるようにしましょう

 

という吸い方で、連続して5〜6服。

自分のわかりやすい体感として、

・じんわり瞼がリラックスする

・集中力が上がる

・イライラしなくなる

以上が、自分がCBDを摂取すると起こる効果で、濃度や量で上記の効果に強弱があるのですが、しっかり感じることができました。

 

まとめ

 

EMILI CBDのメリット

 

・利便性が良い

・リキッドの補充などの面倒がない

・ボタンなどの操作がない

・実績と信頼あるブランドのリキッドを使用している

・しっかりCBDを感じる

・充電に費やす時間も少ない

・液漏れがない

・保護機能があり、過充電やドライヒットの心配がない

 

EMILI CBD デメリット

 

・CBD高濃度経験者にとっては物足りなさを感じる

・現時点、フレーバー展開が二種類のみ

・リキッドの補充ができない

・リキッドの減りがポッドを外さないとわからな

 

という事で、今回は使い捨てCBDペンEMILI CBDをご紹介させていただきましたが、デバイスとしても今まで電子タバコを手にとった事がない人でもかなり簡単に使えるようにできていますし、CBDリキッドも入門編、あるいは日常使いにはぴったりではないでしょうか。

自分もかなりの高濃度を試したりしていますが、あまりにも効きすぎると眠くなりますし、リラックスしすぎるので、普段使いにはこの使い捨てCBDペンEMILI CBDのリキッドは丁度いいと思います。

 

現時点で販売しているのはEMILI JAPANさんのみとなりますので、ご購入の際は下記の購入ページからどうぞ!!

 

【EMILI CBD スターターキット 5% 高濃度 高純度 PharmaHemp ファーマヘンプ AZTEC アステカ】

購入ページへは画像をクリック

 

 

以上、本日の逸品ブログでした。