【最速レビュー】ついにKOI から 飲用CBDオイル が発売!! KOI naturals(ナチュラルズ)フルスペクトラム ブレンド CBD 1000mg をレビュー

【最速レビュー】ついにKOI から 飲用CBDオイル が発売!! KOI naturals(ナチュラルズ)フルスペクトラム ブレンド CBD 1000mg をレビュー

今回、ご紹介するのは今年9月にカリフォルニアで行われたCBD EXPOでCBD部門最優秀賞に選ばれたKOI(コイ) CBDから発売されたフルスペクトラムブレンドCBDオイル1000mgのご紹介です!

電子タバコで吸引をするCBDリキッドブランドとして味に定評がある世界的に有名なブランドKOI CBD。どんなオイルなのか早速レビューしていきたいと思います。

KOI (コイ)フルスペクトラムブレンドCBDオイル1000mg特徴

 

 

 

KOIというブランドについて

 

 

KOI(コイ)CBDはコロラド州南部の有機農場でオーガニック栽培された産業用のヘンプを使用し、製造は※ISO(国際標準化機構)にも認められた施設である、cGMP認定施設で医薬品グレードプロセスで抽出した純度99%のCBDを使用しています。cGMPというのはFDA(アメリカ食品医薬品局)が定めた食品品質の基準で、世界でもっとも厳しい基準をクリアした安心・安全のCBDブランドです。

 

※ISO(国際標準化機構)・・・スイス・ジュネーブに本部を置く、スイス民法による非営利法人。このISOの基準に認められる事で、安全で信頼性が高く、質の高い製品やサービスの創出に役立つ。さらにこの基準が製品・サービスの消費者・エンドユーザーを保護し、認定製品が国際的に設定された最低限の基準に適合している事を保証する。

 

簡単にいうと、2重、3重と厳しい基準を通った施設で作られたCBDリキッドという事なので、安心してお使い頂けますよという所ですね。もちろん、そういった厳しい基準を通って販売されているCBD製品はKOI(コイ)だけではないですが、世界基準で名の通った団体に認定を受けてるいるのは、そこまで数が多くないのも事実です。その分、安全性には自信を持ったブランドと言えるでしょう。

 

フルスペクトラムブレンドCBDオイル

 

 

 

フルスペクトラム・・・直訳すると全範囲、全領域という意味で、この場合精製される前の状態を指し、麻に入っている全てのカンビノイドとそれ以外のテルペン・必須ビタミン・ミネラル・脂肪酸・繊維・タンパク質・クロロフィル・フラボノイドなども含まれている、麻を生搾りした状態の製品となり、たくさんの成分が入ってる分様々な薬理効果が期待されていると言われています。

 

今までのKOIのCBDリキッド製品は、単一CBD(CBDアイソレート)から作られていましたが、今回のCBDオイルに関しては、単一CBD(CBDアイソレート)ではなくフルスペクトラムブレンドというものになっています。

 

 

フルスペクトラムブレンド(ブロードスペクトラム)・・・麻に含まれるTHC以外の成分を合わせて作ったフルスペクトラムにより近い製品の事。THC以外の様々な成分が入っているため、CBDとその他の成分による相乗効果(アントラージュ効果)が生まれ、単一CBD(CBDアイソレート)よりも効果・効能が期待できる。

 

実は、このブレンドをするとしないとでは全然効果が変わってきます!

CBDは他のカンビノイドやテルペン類と合わす事で、力の発揮具合が全然変わってくるからです。

勝手な希望ですが、あれだけ味が美味しいKOIのCBDリキッド、近い将来フルスペクトラムブレンドのCBDリキッドも販売されたら、味も美味い、CBDとしての効果も高い。ぜひ開発して欲しいですね。

 

気になる味・CBDの効果は?

 

今回、KOI naturalsから発売されているフレーバは四種類。その中からベーシックなnatural(ナチュラル)というフレーバーを試してみました。

 

 

写真の通り、色はほぼ無色透明。ナチュラルというフレーバーだけあって、フルスペクトラムブレンドの成分とココナッツオイルのみ。

実際に飲んでみると、フルスペクトラム製品に良くある青々しい麻の味が苦手な方は、だいぶ飲みやすいフレーバーになってます。ほのかにココナッツオイル感があり、特にクセもなくサラサラとしていて辛味もなく喉越しも良い感じです。

 

もちろん、個人差があるので摂取量は調節していただく必要がありますが、成人男性・女性の方達は箱に摂取量が記載されています。

 

adults take one full dropper (approx. 20 drops or 1ml )1-3times per day.

スポイトでマックス吸い上げる量、あるいは20滴か1mlを1回とし、それを1日に1〜3回摂取してください。

 

以外に1回の量が多いのは、この商品のCBD濃度は約3%なので、他のブランドの濃度5%やそれ以上の濃度のものと比べると、必然的に1回の摂取量が多くなってくるからです。

 

ただ、飲みやすいので全然飲めちゃいますね。

 

飲んでから、しばらく経つとまぶたにCBDを感じ始めました。

 

程よい感じで、家でまったりする時や疾患などに対してCBDとしっかり向き合うっていう時に使う物ではなく、どちらかというとイライラを緩めたり、仕事への集中力をあげたり、寝る前に使ったりという日常的に場所や時間、環境を選ばず使えるタイプの商品ではないかと思います。

 

濃度が高くあまりにも効果が出やすい商品だとそうは使えないので、これぐらいの程よいCBD感の商品の方が日常的に使える機会は多いと思います。

 

CBDは、摂取後に眠気を伴う時があります。運転前には使用を控えるようにしてください。

 

 

 レモンライム・・・天然のレモンとライムの柑橘系のフレーバー

 

オレンジ・・・フレッシュなオレンジの程よい甘みのあるフレーバー

 

スペアミント・・・100%天然のスペアミントのフレーバーを使った爽やかで清涼感の あるフレーバー

 

 

まとめ

 

 

今回はナチュラルフレーバーを試しましたが、違うフレーバーも試してみたいと思える商品でした。個人的にはレモンライムフレイバーが次試してみたいフレーバーですね。

飲みやすいフレーバーばかりなので、幅広い年齢層に人気が出る商品だと思いますので、ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか!

以上、本日の逸品ブログでした。