完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29商品レビュー

完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29商品レビュー

本日の逸品は、完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29の紹介です!

Airpodsの発売でイヤフォン界に衝撃が走った完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン。

名前の通り完全な無線になっており、イヤフォン同士でさえも完全に分離されている商品となります。ついにイヤフォンもここまで進化したんですね。

では、この完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29、充電嫌いなアナログ人間な自分をどこまで唸らせてくれるのか、分離された事でどんな特徴が生まれたのか、メリットとデメリットと実際の使用方法を含めレビューしていきたいと思います。

 

QCY Q29の特徴

なんと重量1つ5.3g

5.3gってもう重さとしては気にならないレベルで、油断してたら急な突風で飛んでしまう可能性がある程に軽いです。2つ合わせても10.6gなので従来のイヤフォンよりも数段軽いですが、その分デザインが安っぽくなってるわけでもなく、耳の内側に触れる部分にはしっかりコーティングがなされてますし、自分の買ったブラックは全体的にシックなデザインに仕上がっています。初めての完全ワイヤレスイヤフォンですが、ここまで軽いんですね。

 

片耳だけでもできるペアリング機能

 

完全分離型ということだけあって、片耳だけ機器にペアリングする事も可能となっています。

自分は、片耳だけイヤフォンをして音楽を聴く事が多いので、これはかなりありがたいです。まず、bluetoothではない普通のカナル型イヤフォンの場合、iPhoneのイヤフォンジャックにイヤフォンを挿したまま移動しなければならない際には非常に邪魔です。たまにコードが上手い事ドアノブに引っかかり耳から外れたり、電車での移動中他人のバッグに引っかかるなんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

完全分離ではないBluetooth型のイヤフォンの場合は、つけてない方の耳のイヤフォンの行き場です。これはカナル型イヤフォンでも同じ事が言えますが、つけてない方のイヤフォンをどこに忍ばすか。とりあえず耳に掛けとくだけ掛けておいても、耳の形によっては簡単に落ちます。自分の耳は簡単に落ちます。なので、結果、宙ぶらりになってしまい、イヤフォンをつけてる側も落ちます。これが長い間自分の中ではストレスになっていた所にこの完全分離型。今も実は片耳だけつけてこの記事を書いているわけですが、今のところ安心、安定のパフォーマンスです。全く上記で書いたストレスはありません。

さらに、もう一つのイヤフォンはケースの中。という事は充電をしている状態となります。一日の半分近くを片耳イヤフォンで過ごしてる自分にとっては、充電式といえど、永遠の再生ループが組めることになります。以前までは、充電時間分は待たなければならなかったので、これが解消された事は自分にとってかなりポイントが高いですね。

 

Bluetooth4.1の仕様

Bluetooth4.1仕様になることによって再接続機能が働き、機器同士が接続した(ペアリング)後に接続が切断されたら、再度手動によって機器同士をペアリングをさせる必要がありましたが、4.1では自動的に再接続する機能が追加されました。

例えば、パソコンとペアリングしている状態である程度パソコンから離れてしまい通信が切断されてしまった場合、また通信可能な距離に近づけば自動的に再接続されるということになります。

自分も今までBluetooth4.0を使っていて、いちいち手動で再接続しなければならなかったので、これは手間が省けるし、ありがたい機能ですよね。

さらに、4.0に比べると通信速度が速くなったり、通信が切れて不安定になるなどという部分が改善されているので、通信技術の向上としても進歩しているモデルとなります。

 

タッチノイズがもちろんない

※タッチノイズとは・・・イヤフォンのケーブルが服など何かに触れた事が原因ででる、ガサゴソという音で、これがケーブルを伝わって耳に入ってくる事。

全く気にならない人は気にならないんですが、自分は結構気になります。というのも使っているカナル型のイヤフォンの構造によっては、ノイズ具合も大小分かれます。自分は、嫌だったので後方からコードを回すのはもちろんしてましたし、それでも嫌な人はクリップを使ったり服の中に入れたりと色々と工夫をしているみたいですが、コードが全くないこのイヤフォンにはもちろんこれはありません。

 

商品内容とスペック

商品内容

・イヤフォン

・充電ケース

・説明書

・USBケーブル

・交換イヤパッド

 

商品スペック

・イヤフォンサイズ・・・25mm×17mm

・イヤフォンケース・・・28mm×70mm

・イヤフォン単体重量・・・約5.3g(充電ケース重量:約30.4g)

・連続待受時間・・・最大約30時間

・連続通話時間・・・最大約2時間

・連続音楽再生時間・・・最大約2時間

・最大通信距離・・・約10メートル(障害物が間にない場合)

・Bluetooth・・・v4.1

・対応プロファイル・・・HFP/A2DP/HSP/AVRCP

 

使用方法

 

二つのイヤフォンを機器に登録

1.イヤフォンのシールを剥がして、充電器にセットし、イヤフォンをアクティブにさせます。

2.片方のイヤフォンを取り出し、スマートフォンのBluetooth設定から「QCY-Q29LかR」を選び登録をしてください。

3.登録したイヤフォンにもう片方のイヤフォンが自動的にペアリングをします

 

上手く二つともペアリングが上手くいかない場合は、一回どちらの電源もOFFにしてから両耳のスイッチを同時に8秒以上押します。
電源がついても同時に押し続けていると先にイヤホンどうしがペアリングしてくれるので、両耳で聞けるようになります。

 

電源の入れ方

 

QCYと記載がある部分がメインスイッチとなり、スイッチを3秒押すとONとなり白色の点灯となります。

OFFにする時は、スイッチを3秒押すと赤色の点灯となりOFFになります。

メリットとデメリットと総合評価

メリット

・完全分離で利便性に長けている

・軽い

・コードが絡まったりする事がない

・タッチノイズがない

・片耳だけでペアリングが可能

・完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンでは、値段もお手頃

・ケースで充電できる

 

デメリット

・音質は求めない方が良い

・連続再生時間が約2時間と短い

・音量などの操作はイヤフォンではできない

 

総合評価

実際に片耳だけペアリングしながらこの記事を書いていたわけですが、自分の耳にはよくフィットして、長時間つけていても耳は痛くなりませんでした。さらに、コードがない分もちろんコードに対してのストレスは全くないですし、ペアリングも最初してしまえば後はほぼ自動でやってくれます。

ただ、音質は他の音質に特化してるイヤフォンに比べると多少差があるのではと思います。音の層といいますか、音に厚みがない感じです。

ので、結論、聴き込むイヤフォンというよりかは、聴き流すイヤフォンなんだと思います。

値段とこの利便性が良い!といった感じであれば、間違いなくオススメできる商品だと思いますし、自分自身QCY Q29は、特に仕事中には重宝しそうです。

聴き流すというシチュエーションにぴったりなので。

以上、本日の逸品、完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29の紹介でした。

【完全ワイヤレスBluetoothイヤフォンQCY Q29購入はこちらから!】